コンテンツにスキップする

3時間でコロナ99.8%死滅、世界初のステンレスー香港の研究者ら開発

  • 6時間ならコロナウイルス99.99%不活性化、香港大学研究者が発表
  • 公共空間で接触機会の多いドアノブ、手すりなどに活用を試験

新型コロナウイルスを数時間以内に死滅させる世界で初めてのステンレス鋼を、香港の研究者らが開発した。歴史的なパンデミック(世界的大流行)を引き起こした病原菌の抑制に向け、商品開発が進んでいる。

  香港大学の研究チームが11月25日に公表したリポートによると、新たに開発したステンレスは新型コロナウイルスを3時間以内に99.75%、6時間以内では99.99%不活性化した。

  機械工学の黄明欣教授、免疫・感染研究センターの潘烈文教授が率いる研究チームは企業のパートナーとも連携。公共空間で人の手が触れる機会の多いエレベーターのボタンやドアノブ、手すりなどの表面に、この素材を利用した製品の開発をテストしている。

  これらの製品が効果的で、安価な大量生産が可能になれば、空港や駅などの公共交通機関のほか、映画館やスポーツのスタジアムなど人が密集する場所で定期的に消毒する費用は大幅に減る。新たなオミクロン変異株で再流行が懸念される中で、パンデミック以前の生活に戻る一助になる可能性がある。

  リポートによると、このステンレスの殺菌作用は長期間持続し、日常的に使用されて摩耗しても変わらないという。既存の「粉末冶金」技術の活用で安価な生産が可能だとしている。

  新型コロナウイルスは、通常の環境下では2日以上にわたり物体の表面に付着し続けることがあり得る。

 

原題:

First-Ever Covid-Killing Steel Can Inactivate 99.8% of the Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE