コンテンツにスキップする

S&P、中国恒大にデフォルト不可避と見受けられる

中国の不動産開発会社、中国恒大集団について、S&Pグローバル・レーティングは引き続き、デフォルト(債務不履行)が不可避だと考えている。

  S&Pは7日の発表文で、「債権者が中国恒大に2億6000万ドル(約300億円)の支払いを求めているということは、中国恒大の流動性が非常に弱いままである状況を示している」と指摘した。

  この支払い要求はまだ、デフォルト事由には当たらないとの見方も示した。

  実施された資産売却は債務償還のために十分ではないと指摘した。

 

原題:

S&P Says Default Looks ‘Inevitable’ for Evergrande(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE