コンテンツにスキップする

中国の輸出と輸入、11月は過去最大更新-年末商戦控え外需旺盛

更新日時
  • 11月の輸出、ドル建てで前年同月比22%増の約3260億ドル
  • 輸入は前年同月比31.7%増、予想21.5%増加

中国の11月の輸出と輸入は予想を上回る伸びとなった。年末のホリデー商戦を控えて外需が旺盛だったほか、電力不足の緩和で国内生産も持ち直し、輸出と輸入はいずれも過去最大を記録した。

  税関総署が7日発表した11月の輸出はドル建てで前年同月比22%増の約3260億ドル(約37兆円)と、過去最大。10月は27.1%増、エコノミスト予想は20.3%増だった。

  一方、輸入は前年同月比31.7%増の約2540億ドル。前月は20.6%増、予想は21.5%増加だった。

And imports also hit a record in November
 
 

 

  今回のデータは、新型コロナウイルス禍を通じて堅調だった中国製品への世界需要が引き続き力強いことを示した。新型コロナの新たな変異株「オミクロン」の感染拡大が深刻化し、他国が再びロックダウンに踏み切れば、防護用品や在宅勤務関連用品などを中心に中国製品の輸出を支える可能性が高い。

  ソシエテ・ジェネラルの大中華圏担当エコノミスト、ミシェル・ラム氏は「輸出は11月に季節的傾向に沿って上向き、外需が依然としてかなり堅調なことを示唆した」と分析。「輸入の驚くほどの伸びは、一次産品の取引高の回復が要因である公算が大きい。地方政府による年末に向けた景気刺激策強化を背景としたインフラ設備投資需要の改善を反映しているだろう」と述べた。

  11月の輸出先で最大は米国で、欧州連合(EU)と東南アジア諸国連合(ASEAN)が続いた。対米輸出は今年1-11月期に28.3%増加した一方、米国からの輸入は同期間に36.9%伸びた。

 

 

原題:China’s Exports and Imports Hit New Records on Strong Demand (1)(抜粋)

(エコノミストのコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE