コンテンツにスキップする

岸田首相、北京五輪への対応は「国益の観点から自ら判断」

更新日時
岸田首相

岸田首相

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

岸田文雄首相は7日、米国が北京冬季五輪の「外交的ボイコット」を発表したことに関し、日本は五輪や日本外交にとっての意義を総合的に勘案し、「国益の観点から自ら判断していきたい」と話した。

  松野博一官房長官も記者会見で、日本政府の対応は「現時点では何ら決まっているものではない」と説明。「外交的ボイコットが具体的に何を意味するのかが必ずしも明らかではない」とも語った。

米、北京五輪の外交的ボイコットを発表-NZも外交団派遣せず 

 

(松野官房長官のコメントを追加しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE