コンテンツにスキップする

米CIA長官、ウクライナ巡るプーチン大統領の「リスク志向」を警告

  • 7日にオンライン形式で米ロ首脳会談-緊張高まる中
  • 習近平氏は米との「予測可能な関係」を望んでいる公算大-長官

米中央情報局(CIA)のバーンズ長官は6日、ロシアのプーチン大統領がウクライナについて考えていることを米国民は警戒するよう呼び掛けた。 

  バーンズ長官はウォールストリート・ジャーナルCEOカウンシル・サミットでのインタビューで、「ウクライナに関するプーチン大統領のリスク志向を私は決して過小評価しないだろう」と発言。「抑止力と外交の可能性の強力な組み合わせでそれに対応することが極めて重要だ」と述べた。

バイデン米大統領、プーチン氏と7日オンライン会談-ウクライナ巡り

Senate Intelligence Committee Holds Hearing On Worldwide Threats
バーンズCIA長官
Photographer: Saul Loeb/AFP/Bloomberg

  ロシアとウクライナの間の緊張が高まる中、バイデン米大統領は7日に行うプーチン大統領とのオンライン会談に備えている。米政権高官が6日記者団に語ったところでは、バイデン氏は会談で、ウクライナを侵攻しないよう警告し、侵攻した場合には厳しい経済制裁を講じると伝える方針だ。事情に詳しい関係者2人は、ロシアの大手銀行に対する制裁が選択肢に含まれると語っている。

バイデン政権、ロシアの銀行への制裁検討-ウクライナ侵攻なら 

  一方、中国についてバーンズ長官は、たとえ米中関係が「かなり競争的」なままであっても、習近平国家主席が米国との「予測可能な関係」構築を試すことに関心がありそうだと述べた。

  また、中国が台湾を統一する行程表が習氏にあるかについてCIAは「確信を持っていない」が、最近の軍事演習は習氏のその長期的な決意を表していると指摘した。

原題:

CIA Chief Warns Putin Has High ‘Risk Appetite’ on Ukraine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE