コンテンツにスキップする

著名マクロトレーダー、ロコス氏のヘッジファンドが11月に下げ止まる

富豪のクリス・ロコス氏のヘッジファンドは11月の成績が約プラス1.5%となり、5カ月連続のマイナスを脱した。

  運用資産約120億ドル(約1兆3600億円)の同ファンドの年初来成績は依然マイナス25%だと、事情に詳しい関係者が非公開情報だとして匿名を条件に述べた。

  ロコスの広報担当者はコメントを控えた。

  ロコスは想定よりも速い利上げへの観測をきっかけに高まった債券市場のボラティリティーによって打撃を受けたマクロヘッジファンドの一つだが、成績は業界でも最悪の部類に入り際立っている。

  10月はマイナス約18%で、月間ベースで2015年の運用開始以来最悪だった。20年はプラス44%のリターンを上げたが、今年は過去最悪の成績を記録しそうな様相だ。

  

著名マクロトレーダー、ロコス氏のヘッジファンド20%下落-過去最悪

ロコス氏のヘッジファンド、10月はマイナス18%-過去最悪ペース

 

原題:

Chris Rokos’s Hedge Fund Stems Five Months of Losses in November(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE