コンテンツにスキップする
Photographer: Carl Court/Getty Images AsiaPac
Cojp

日本滞在の外国人、警察から差別的扱い受ける事案-米大使館が警告

更新日時
  • 米国民は在留資格証明を携帯するよう呼び掛け-米大使館
  • 職務質問は人種や国籍の別を理由に実施されるものでない-官房長官

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

在日米国大使館は6日、日本の警察から外国人が職務質問や取り調べなど人種差別的な扱いを受けたとみられる「レイシャル・プロファイリング」事案が発生していると警告を発した。

  在日米大使館は、ツイッターアカウントの「米国市民サービス」欄で、米国民は在留資格証明を携帯し、拘束された場合は領事館に知らせるよう呼び掛けている。これまでに外国人数人が拘束され、取り調べを受けたという。

  松野博一官房長官は記者会見で、職務質問は「何らかの罪を犯し、また犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者に対して行われるもの」であり、「人種や国籍等の別を理由とした判断によって実施されるものではない」と語った。

原題:U.S. Embassy Warns of Suspected Racial Profiling by Japan Police(抜粋)

(松野官房長官のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE