コンテンツにスキップする

ダリオ氏に中国の人権問題軽視の批判-「厳格な親」誤解与えたと釈明

  • 「理解と賛同は話が別。その点が理解されなかった」とダリオ氏
  • マコーミックCEOもダリオ氏の見解に同意しないと社員らに伝えた
レイモンド・ダリオ氏

レイモンド・ダリオ氏

Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者で資産家のレイモンド・ダリオ氏は5日、先週のCNBCとのインタビューで中国投資を巡る質問に答えた際の発言について、同国に関する自分の見解が誤解されたとソーシャルメディアで反論した。

  ダリオ氏は中国での反対派の失踪を巡る質問に対し、同国を「厳格な親」になぞらえた。同氏は人権問題の重要性を軽視する意図はなく、中国の統治アプローチを家族に関する儒教的考えの延長として「説明しようとした」と主張した。

  同氏はツイッターとリンクトインを含むプラットフォームで、「私自身の意見を表明したり、そのようなアプローチを是認したりしたわけではない。理解を助けることが最大の目的だ。理解することと賛同することは話が別だ。インタビューではその点が理解されなかった」と釈明した。

  ダリオ氏はその上で、中国に進出する金融機関および企業と共に4万を超える投資家が取り組む恐らく同じ諸要因、人権問題を考慮しつつ、中国投資の利点と問題点を比較検討していると説明した。

  同氏のCNBCでの発言を巡っては、共和党の元大統領候補、ロムニー上院議員がダリオ氏の中国投資を「嘆かわしいモラル(倫理)の崩壊」と批判。事情に詳しい複数の関係者によれば、上院選への立候補を検討するブリッジウォーターのデービッド・マコーミック最高経営責任者(CEO)も、ダリオ氏との間で長年中国に関する多くの論争があり、同氏の見解には同意しないと社員らに伝えたという。

原題:Ray Dalio Says Comments on China Human Rights Were MisunderstoodBridgewater CEO Clashes With Dalio Over China Before Senate Race(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE