コンテンツにスキップする

サウジ政府系ファンド、通信会社STCの株売却で3500億円調達へ

  • 石油依存の国内経済の多様化に向け大型投資計画に資金投じる方針
  • PIFはSTC株5%を売り出し-価格は株価終値を下回る

サウジアラビアの政府系ファンド(SWF)、パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)は通信会社サウジ・テレコム(STC)の株式売却を通じて最大31億ドル(約3500億円)を調達する見込みだ。石油に依存する国内経済の多様化に向け、大型投資計画に資金を投じる方針だ。

  証券取引所に提出された発表資料によると、PIFは5日からSTC株5%の売り出しを実施する。1株当たり100-116サウジ・リヤルで計1億株を売却する。売り出し価格は5日終値(116.20リヤル)を下回った。

  PIFはサウジ経済を石油依存から脱却させて多様化するムハンマド皇太子の計画にとって主な手段の一つとなっている。PIFは先に、2025年まで国内経済に年間約400億ドルを投じると表明している。

原題:Saudi Wealth Fund to Raise Up to $3.1 Billion in STC Sale (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE