コンテンツにスキップする

イランは核開発やめず、米の経済制裁巡る問題解決されるまで-外務省

イランは、米国による経済制裁の解除方法についてイラン政府と当事国との間で合意に達するまで、核開発の拡大をやめることはないと表明した。

  2015年のイラン核合意再建に向けた当事国協議は3日に打ち切られたが、イラン外務省の声明によると、1日に欧州の協議相手国に提出された草案には、核合意の完全順守復帰に向けたイラン側の提案が含まれていた。声明は外務省「高官」の発言を引用しているが、匿名とした理由については明らかにされていない。

イラン核合意の再建協議、大きな試練に直面-来週半ばに再開へ

  この草案は、ウィーンで行われたイランと米国の間接協議を仲介することで核合意再建を目指す当局者の間で批判を招いた。米当局者は4日、交渉を巡るイランの戦略はイランが本気ではなかったことを示唆していると指摘し、裏目に出る恐れがあると同国に警告した。

原題:Iran Says Nuclear Work Won’t Stop Until Sanctions Issue Resolved (抜粋)

 

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE