コンテンツにスキップする

東芝のPE会社との交渉不十分、一部株主が完全身売り求め圧力-FT

東芝の複数の主要株主は、同社に対してプライベートエクイティー(PE、未公開株)ファンドとの交渉を十分追求していないとの不満を示しており、東芝の完全身売りの協議復活を求めて取締役会に圧力をかける考えだ。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)がこれら株主からの情報として報じた。社名は明かしていない。

  同紙によれば、これら株主は少なくとも2社のPEファンドが、東芝の現在の株価(3日終値で4743円)を25%以上上回る評価額を示して同社と協議したと確信している。東芝株を合わせて30%以上持つ同株主らはFTに対し、同社が11月に示した3社体制への再編計画に反対する予定だと話した。

  同計画を巡る投票が来年に行われる際には、これ以外に少なくとも東芝株計15%を保有する他の株主も追随すると複数の投資家がみているともFTは伝えた。

  さらに主要株主の1社は東芝が近年抱えてきたガバナンス(企業統治)の問題に触れ、適切な統治の構造抜きに3社体制に再編しても、問題を悪化させるだけとの懸念をFTに示したという。

  FTは東芝にコメントを求めたが、今のところ得られていないという。

 

関連記事

東芝、2社を分離し23年度に新規上場-1000億円程度を株主還元 

東芝株主の3D、スピンオフ計画を支持せず-非上場化案の募集を要望

エフィッシモC、来年の臨時株主総会までに賛否判断-東芝3社分割

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE