コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、プーチン氏と7日オンライン会談-ウクライナ巡り

  • ウクライナの主権と領土保全を支持すると改めて表明へ-サキ報道官
  • ウクライナの国境付近でロシアは軍備増強、緊張高まる

バイデン米大統領は7日、ロシアのプーチン大統領とのオンライン会談でウクライナの主権を米国として支持する姿勢を改めて表明する。ホワイトハウスが発表した。

  米ロ首脳会談についてはロシア側が4日、先に発表した。ウクライナを巡ってはロシアが軍備を増強しており、緊張が高まっている。米情報当局はロシアが来年にも推定17万5000人を動員するウクライナ攻撃を計画していると結論付けたと、政府高官は3日述べた。

  ホワイトハウスのサキ報道官は発表文で、「バイデン大統領は米国がウクライナ国境付近でのロシアの軍事行動を懸念していると強調し、ウクライナの主権および領土保全を支持すると改めて表明する」と説明した。

  バイデン大統領は3日、ウクライナ侵攻の脅威を巡りプーチン大統領と「長い話し合い」になることを想定していると述べ、西側諸国が武器や兵士を配備すれば一線を越えることになるとしたプーチン氏の警告に動じない姿勢を見せた。

バイデン米大統領、ロシアのウクライナ侵攻を「極めて困難に」する

原題:

Biden Plans to Raise Ukraine During Call With Putin on Tuesday(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE