コンテンツにスキップする

米財務省、為替操作国の認定を今回も見送り-日中など監視対象

  • 台湾とベトナムは認定3基準の全てを満たすと指摘
  • 中国や日本、スイスなど12カ国・地域を監視対象に

米財務省は3日に発表した外国為替報告書で、貿易相手国に対する為替操作国の認定を今回も見送った。台湾とベトナムは為替操作国・地域の認定基準を満たすとしたものの、正式な認定は避けた。4月の前回報告ではスイスも認定基準を満たすとされていた。

  為替操作国・地域に認定される3基準のうち2つを満たしたとして、中国や日本、韓国、ドイツ、スイスなど12カ国・地域を監視対象に指定した。

  同報告書は中国について、「為替介入のデータ非開示や、為替メカニズムの主要な特徴に関する透明性の欠落」を指摘。中国国有銀行の為替活動を注意深く監視する意向も表明した。

原題:U.S. Treasury Refrains From Naming Any Currency Manipulators(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE