コンテンツにスキップする
Photographer: Samuel Corum/Bloomberg
Cojp

米国債トレーダーのインフレ期待大幅後退-新変異株とFRBシフトで

  • 5年物ブレークイーブンレート、コロナ禍初期以来の大幅低下-週間
  • 依然として米金融当局のインフレ目標は上回る-2日は約2.71%

米国債トレーダーのインフレ期待が今週、大きく後退した。5年物インフレ連動債(TIPS)に基づくブレークイーブンレートは新型コロナウイルス禍の初期以来の大幅な週間低下に向かっている。

  新たな変異株「オミクロン株」の出現とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長のタカ派寄りシフトが、インフレ期待を後退させた。5年物ブレークイーブンレートはニューヨーク時間2日の取引で約2.71%と、先週末の2.95%から低下。先月には3.25%超に達していた。

  今週これまでの動きは、2020年4月半ばと同等の規模だが、インフレ期待低下の度合いは新型コロナ懸念が最初に市場を揺るがせた同年3月半ばに比べると半分程度。投資家が予想するインフレ率を示唆するブレークイーブンレートは依然、米金融当局のインフレ目標である約2%を上回っている。

Inflation breakevens on track for biggest weekly slide since early 2020
 
 

原題:

Traders Cut Inflation Outlook by Most Since Early 2020 (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE