コンテンツにスキップする

アルファダインのヘッジファンド、損失拡大-年初来成績マイナス22%

  • マクロヘッジファンドの11月の運用成績はマイナス6.4%
  • 債券市場のボラティリティーが複数のヘッジファンドに打撃

米ヘッジファンド運営会社アルファダイン・アセット・マネジメントの損失は先月に拡大した。このままいけば年間での運用成績が同社初のマイナスとなる。

  アルファダインのマクロヘッジファンドの運用成績は11月がマイナス6.4%、年初来ではマイナス22%となった。どの取引が損失につながったかは説明せずに事情を知る関係者1人が明らかにした。同ファンドは10月も同様にマイナスリターンを記録。金利市場のボラティリティーを背景にマクロ取引やレラティブバリュー取引が裏目に出ていた。

  同社の広報担当者はコメントを控えた。

  アルファダインの苦境は、一部のマクロトレーダーが引き続き圧力にさらされている状況を浮き彫りにしている。中央銀行がインフレ高進に対応し予想より速いペースで利上げするリスクを債券市場が織り込んでいることが背景にある。予想外の債券市場のボラティリティーは今年に入り、ロコス・キャピタル・マネジメントブレバン・ハワード・アセット・マネジメントのASマクロファンドを含む複数のヘッジファンドに打撃を与えている。

ブレバン・ハワードのASマクロファンド、10月は過去最低の運用成績

原題:

Alphadyne’s Hedge Fund Loss Widens to 22% After November Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE