コンテンツにスキップする

米上院、暫定予算案採決の方向-政府機関閉鎖回避へ

更新日時
  • 上院の与野党指導部が妥結、ワクチン接種義務化に関する採決認める
  • 暫定予算案は2月18日まで政府資金を手当てする内容

米上院は2日夜、下院をこの日通過した暫定予算案の採決を行う方向にある。同案は現行の暫定予算が3日に失効した後も2月中旬まで政府資金を手当てする内容。

  上院での採決が遅れれば一部政府機関が閉鎖される可能性があり、与野党指導部は、共和党の一部グループが求めているワクチン接種義務化措置への予算配分を禁止する修正条項の採決を認めることにより閉鎖を回避する考えだ。この条項は否決が見込まれているものの、これにより暫定予算案の採決に道が開ける。

  シューマー民主党上院院内総務は「この合意により、政府機関閉鎖には至らないだろう」と述べた。

  2日夜に上院を通過すれば、暫定予算案はバイデン大統領の署名を経て成立する。現行暫定予算が失効する3日深夜よりかなり前に大統領の元に届く見通し。

  下院での採決結果は賛成221、反対212。下院共和党指導部は同党議員に反対票を投じるよう求めていた。両党議員はほぼ党の方針通りに投票した。同暫定予算案は2月18日まで政府機関に現行水準の資金を手当てする内容。これにより、両党は歳出法案の交渉を進める時間的余裕が得られる見通し。

原題:Senate Lines Up Vote on Stopgap to Avert Government Shutdown (1)House Passes Stopgap to Fund Government; Senate Action in Limbo、Schumer Says He Expects Senate to Pass Stopgap Funding Tonight(抜粋)

 

(シューマー民主党院内総務の新たなコメントなどを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE