コンテンツにスキップする

ノババックス、オミクロン株対応ワクチンを開発中-1月にも生産開始

  • 並行して既存ワクチンのオミクロン株への有効性も検証
  • 既存ワクチンの有効性は数週間中に分かる見通し

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米バイオテクノロジー企業のノババックスは2日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株に対応する組み換えタンパクワクチンを現在開発中であり、並行して既存ワクチンの同変異株に対する有効性を検証していると明らかにした。

  同社はウェブサイトに掲載した発表資料で、オミクロン型スパイクタンパク質抗原の開発に着手したと明らかにした。商業製造施設での品質管理基準(GMP)生産は来年1月に始まる見込みだとした。

  既存ワクチンがオミクロン株に有効かどうかを示す検査結果は数週間中に分かる見通しだという。

原題:

Novavax Developing Omicron-Specific Vaccine Construct(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE