コンテンツにスキップする

米国株反発、S&P500は10月以来の大幅高-押し目買い入る

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

2日の米株式相場は反発。S&P500種株価指数は10月以来の大幅高となった。前日までの続落で最も売りを浴びた銘柄の一部に、押し目買いが入った。米国債は下落。

  • 米国株は反発、S&Pが10月以来の大幅高-ダウ617ドル高
  • 米国債は短期債中心に下落、10年債利回り1.44%に上昇
  • ドル指数下げ埋める、国債利回り上昇で-円は113円台前半に下落
  • NY原油反発、OPECプラスの会合を受け乱高下
  • NY金相場は反落、米国債利回り上昇で投資妙味が低下

  S&P500種は景気の持ち直しによって最も恩恵を受けるとみられる銘柄を中心に上昇。ダウ工業株30種平均ではボーイングが大きく値上がりした。一方、テクノロジー株は他業種を下回るパフォーマンス。米政府は情報開示の求めに応じない中国企業を米市場から締め出す取り組みを、さらに一歩進める。

米当局が中国企業の上場廃止に近づく、新規則の導入計画を発表

  S&P500種は前日比1.4%高の4577.10。ダウ平均は617.75ドル(1.8%)上げて34639.79ドル。ナスダック総合指数は0.8%上昇。

  モネタ・グループのエイフィン・デビット最高投資責任者(CIO)は、「押し目買いの動きが見られている」と指摘。「押し目で買いが入るのは単に待機マネーが有り余っているからだ。こうした発作的なボラティリティーはサプライズであり、市場全体がひやりとしたが、年初から積み上がった株式リターンはなおもたっぷりある」と述べた。

  米国債相場は短期債中心に下落。米金融当局では債券購入のテーパリング(段階的縮小)加速に支持を表明する当局者が増えている。ニューヨーク時間午後4時17分現在、10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.44%。

  3日に発表される11月の米雇用統計で、非農業部門雇用者数は約55万人増と予想されている。

U.S. economy likely added 548,000 workers in November as jobless rate dipped
非農業部門雇用者数の前月比増減と(上段)と失業率(下段)
出所:労働統計局、ブルームバーグ

  外国為替市場ではドル指数が下げを埋めた。米国債利回りが全面的に上昇したことや、株式相場の持ち直しが背景。リスクセンチメントの改善に伴い、円は下落した。

  ニューヨーク時間午後4時18分現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比でほぼ変わらず。一時は0.3%低下していた。ドルは対円では0.4%高の1ドル=113円17銭。ユーロは対ドルで0.2%安の1ユーロ=1.1299ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は反発。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」の生産方針決定の直前に一時は4.8%安まで下げたが、方針の詳細が伝わると急速に持ち直す展開となった。

  OPECプラスはこの日の会合で、生産引き上げ計画の継続で合意し、1月も原油供給を日量40万バレル増やす方針を示した。ただ、オミクロン変異株などで市場動向に変化が生じた場合は直ちに供給を調整する余地も残した。需要の先行きが不透明な中、異例の対応を取った格好だ。

OPECプラス、生産引き上げ計画を維持-供給調整の余地残す (1)  

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物1月限は、前日比93セント(1.4%)高の1バレル=66.50ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント2月限は80セント高の69.67ドル。

  ニューヨーク金相場は反落。スポット相場は一時1%余り下げた。この日は米国債利回りが上昇したことで相対的な金の投資妙味が薄れた。

  金相場はこのところ、オミクロン株がもたらすリスクの度合いに関する保健当局やワクチンメーカーの見解や、タカ派色を強めたパウエルFRB議長の発言などで揺さぶられ、荒い値動きとなっている。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は1.2%安の1オンス=1762.70ドルで終了した。

原題:Dip Buyers Resurface in Dizzying Week for Stocks: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Front End Leads Losses as Fed’s Taper Talk Picks Up(抜粋)

Dollar Erases Loss as Stocks Rebound, Yields Jump: Inside G-10(抜粋)

Oil Rises as OPEC+ Leaves Door Open for Quick Changes (Correct)(抜粋)

Gold Slumps as Traders Weigh Omicron Variant, Powell Comments(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE