コンテンツにスキップする

ファイザー幹部、オミクロン株へのワクチン効果楽観-約2週間で判明

  • 「ワクチン効果が著しく低下するとは考えていない」-ライナート氏
  • ワクチン接種後の抗体、オミクロン株の中和が可能か試験中

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

米製薬会社ファイザーは、同社の新型コロナウイルスワクチンが新たなオミクロン変異株に対しても効果があるとみており、ワクチンの有効性を示すデータは2-3週間以内に入手可能との見通しを示した。

  ファイザーの国際先進国市場向けワクチン担当バイスプレジデント、ラルフ・レネ・ライナート氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「ワクチン効果が著しく低下するとは考えていない」と述べ、「しかしこれは観測であり、当社はこの点を調査する。2ー3週間程度でデータが手に入るだろう」と語った。

ブルームバーグテレビジョンのインタビューに答えるファイザーのライナート氏
Source: AFP

  ファイザーはすでに、ベータ株とデルタ株の出現時にワクチンの更新に取り組んだことが2回あり、いずれの時も元々のワクチンが高い有効性を持つとの結論が得られたと、ライナート氏は指摘。同社の科学者がオミクロンに対しても同様かを吟味すると続けた。

  「当社はゼロからスタートしているのではない。何をすべきか理解している」と説明した。

  同氏はまた、ワクチンのブースター(追加免疫)接種計画の継続が重要だと強調。同社はオミクロン株のブレークスルー感染(ワクチン接種後の感染)を調査するため有効性データを検証する一方、ワクチン接種を受けた人の血液中にある抗体がオミクロン株を中和させることができるかを調べる試験を進めているという。

原題:Pfizer Executive Expects Vaccine to Hold Up to Omicron (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE