コンテンツにスキップする

シタデルも香港従業員の隔離費用を補填、最大4万香港ドル支給へ

  • 香港の従業員200人余りが対象、来年9月末まで-休暇旅行にも適用
  • JPモルガンは最大5000米ドル支給、モルガンSも払い戻す方針

ヘッジファンド運営会社シタデルは米銀JPモルガン・チェースなどに続いて、香港入境時の厳しい隔離措置で打撃を受けた従業員への支援を強化する。2年近く続く新型コロナウイルス禍の影響で、各社の香港部門は人材の採用・引き留めに苦慮している。

  競合する金融センターのシンガポールやロンドン、ニューヨークを含め、世界の大半の地域は国境を開放しつつあるが、香港はコロナを一切容認しない政策を維持しており、香港に戻る住民や訪問者に最長3週間の隔離用ホテル滞在を義務付けている。最近の調査によると、主要な国際的銀行と資産運用会社のほぼ半数が従業員や機能を香港から移すことを検討中だという。

  香港当局指定の隔離用ホテルはスイートルーム以外で1泊当たり500-3630香港ドル(約7300-5万3000円)の滞在費用がかかる可能性がある。

Preventive Measures Against COVID-19 In Hong Kong
隔離用ホテルのドーセット・ワンチャイ香港
Source: China News Service

  シタデルは香港の従業員200人余りを対象に、入境時の隔離施設への滞在費用として最大4万香港ドルを支給する。期間は今月から来年9月30日までで、支給は1回限り。家族に会うための移動や休暇旅行にも適用される。

  JPモルガンは香港の従業員に対し、隔離費用を最大5000米ドル(約56万6000円)支給する方針。モルガン・スタンレーは最大4万香港ドルの払い戻しを表明している。

関連ニュース

JPモルガン、香港の行員に最大57万円支給へ-隔離費用の補填

モルガン・スタンレー、香港の従業員に隔離費用払い戻し-最大60万円

原題:Citadel Joins Global Firms Paying Up for Hong Kong Quarantine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE