コンテンツにスキップする

女子テニス協会、中国での大会開催中止-彭帥さん巡る問題で懸念表明

  • 彭さんの安否について「重大な疑念抱いている」-サイモン会長
  • WTAは中国での大会開催は選手やスタッフへのリスクを伴うと説明

女子テニス協会(WTA)は1日、中国の著名テニス選手、彭帥さんの安否を巡る懸念が払拭(ふっしょく)されていないとして、香港を含む同国での全ての大会を中止すると発表した。外国のビジネス団体が金銭的な損失のリスクを冒してまで中国政府に挑んだまれなケースとなった。

  WTAのスティーブ・サイモン会長兼最高経営責任者(CEO)は、ウェブサイトに掲載された発表文で、「残念ながら中国指導部は、この非常に深刻な問題に信頼に足る方法で対処していない。彭さんの居場所は分かったものの、彼女が自由で安全なのか、検閲や強制、脅迫を受けていないか重大な疑念を抱いている」と指摘した。

2019 China Open - Day 1
女子プロテニス選手の彭帥さん
Source: Getty Images AsiaPac

  WTAは、中国での大会開催は選手やスタッフへのリスクを伴うとして、香港を含む同国での全ての大会を直ちに中止すると説明。彭さんが性的な関係を強要されたと告発したことについて、検閲を伴わない透明性のある徹底調査をあらためて求めた。

  2022年2月に中国で開催される冬季五輪に先立ち、選手やスポンサー企業への圧力が強まる可能性がある。米国や同盟諸国は、中国の人権問題を理由に同五輪を外交的にボイコットすることを既に検討している。一方、中国の国営メディアは同国政府が多くの外国要人を同五輪に招待しない可能性があると報じている。

関連記事:

中国の女子テニス選手巡るIOCへの批判に反論-パウンド委員

中国ビジネス、ESG戦略で変わるか-女子テニス選手巡る問題が契機

女子テニス彭帥さんの消息巡る「悪意ある喧伝」やめよ-中国外務省

消息不明の中国人テニス選手、バッハ会長とオンライン面談-IOC

彭帥さんの写真、微信に掲載される-安否を懸念する声高まる中

 

原題:Women’s Tennis Suspends China Events on Peng Shuai Concerns (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE