コンテンツにスキップする

トルコ・リラが再び下落、最安値に近づく-エルバン財務相の辞任受け

  • アジア時間2日の取引でリラは下落、今週付けた過去最安値に近づく
  • リラは中銀の為替市場介入を受けて若干回復していた

トルコのエルドアン大統領が財務相を交代させたとのニュースを受け、通貨リラは下落。中央銀行の利下げの動きを巡る懸念を受けて今週に入って付けた過去最安値に近づいた。

  エルバン財務相辞任報道で、シンガポール時間2日午前8時(日本時間同9時)時点でリラ相場は1ドル=約13.43リラと、ニューヨーク市場の終値から1.4%下落している。

  官報に掲載された決定によると、エルバン氏の後任はヌレッディン・ネバティ氏。同氏は2018年から財務副大臣を務め、アルバイラク元財務相に近い人物とみられている。

  リラは11月30日に1ドル=13.9519リラと過去最安値に下落していたが、12月1日に中銀の為替市場介入を背景に若干回復していた。

トルコ中銀が約8年ぶり為替市場介入、リラ急落に対応 

Turkey's currency has been pummeled to a record low in recent days
 
 

  

原題:Turkish Lira Drops Anew After Erdogan Replaces Finance Chief (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE