コンテンツにスキップする

GM、今年の利益見通しを上方修正-半導体不足でも販売上向く

  • 21年調整後EBIT見通しは140億ドル-従来予想115億~135億ドル
  • 販売が好調に推移し、 半導体不足に伴う生産減少も和らいでいる
GMC Hummer electric vehicles on the production line at General Motors' Factory ZERO all-electric vehicle assembly plant in Detroit, Michigan, U.S., on Wednesday, Nov. 17, 2021. General Motors invested $2.2 billion in Factory ZERO, the single largest investment in a plant in GM history.
GMC Hummer electric vehicles on the production line at General Motors' Factory ZERO all-electric vehicle assembly plant in Detroit, Michigan, U.S., on Wednesday, Nov. 17, 2021. General Motors invested $2.2 billion in Factory ZERO, the single largest investment in a plant in GM history. Photographer: Emily Elconin/Bloomberg

ゼネラル・モーターズ(GM)は、今年の調整後EBIT(利払い・税引き前利益)の見通しを約140億ドル(約1兆5800億円)と、従来予想から引き上げた。ポール・ジェイコブソン最高財務責任者(CFO)が明らかにした。

  販売が好調に推移し、 半導体不足に伴う生産減少も和らいでいるとジェイコブソンCFOが1日のクレディ・スイス主催のイベントで語った。同社の調整後EBITの従来予想は115億-135億ドルだった。

  ジェイコブソンCFOは、半導体不足は引き続き問題だが、販売が上向き始めるところまで状況が落ち着いたと説明。在庫が乏しいため自動車価格をそれほど値引きせずに済んでおり、GM北米事業の10%を上回る利益率維持に貢献すると期待される。

原題:GM Lifts Forecast on Strong Sales, Chip-Shortage Workarounds (1)、GM Boosts 2021 Adj. Ebit Guidance to $14b; Shares Rise (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE