コンテンツにスキップする

EUが38兆円のインフラ投資、途上国支援で-中国「一帯一路」に対抗

欧州連合(EU)は、2027年までに3000億ユーロ(約38兆円)規模の公共・民間インフラ投資を行う計画を明らかにした。中国の広域経済圏構想「一帯一路」に対抗し、途上国支援の枠組み作りを狙う。

  EUが1日発表したこのプロジェクトは「グローバル・ゲートウェー」と名付けられ、デジタル、輸送、エネルギー、医療の分野に資金を投じる。プロジェクトの概要では中国に直接言及してはいないが、中国による途上国支援計画への対抗策となる内容だ。中国の途上国支援を巡っては、融資を受けた国々の債務が持続不可能な水準に膨らんでいるとの批判が上がっている。

  EUの行政執行機関である欧州委員会は声明で、「過剰債務に陥るリスクを抑えるため、EUは公正かつ有利な条件で資金支援を提供する」と説明。パートナーは「法の支配を順守し、人権・社会的権利・労働者の権利を高い水準で維持し、国際的な規範と知的財産の基準を尊重」しなければならないとした。

原題:EU Eyes 300 Billion-Euro Infrastructure Bid to Counter China (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE