コンテンツにスキップする

中国、IT企業の国外上場の抜け穴禁止計画と関係者-当局は否定

更新日時
  • VIE構造を通じた外国株式市場への上場を禁じる方針
  • 香港でのIPOは認められる可能性も規制当局の承認が必要に

中国当局は、海外投資家から資金調達することを目的とした変動持ち分事業体(VIE)と呼ばれる構造を使った外国株式市場への上場を禁じる計画だ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。中国のテクノロジー企業が長らく活用してきた抜け穴をふさぐ。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、今回の禁止措置は今月中にもまとまる可能性がある国外上場規則の新草案に盛り込まれる見直しの一部。データセキュリティーを巡る懸念への対処が目的の一つだという。いわゆるVIE構造を使う企業は今後も香港で新規株式公開(IPO)を目指すことを認められるとみられるが、規制当局の承認が必要になると関係者は語った。

中国、国外上場の抜け穴ふさぐルール変更を計画-関係者

  中国証券監督管理委員会(証監会)は1日、VIE構造を使った企業の国外上場を禁止するという報道は事実でないとのコメントを、詳細な説明なしにウェブサイトに掲載した。証監会に取材を要請したが、現時点で返答はない。

中国がVIE構造を使った企業による国外上場の禁止を計画と、ブルームバーグが報道
Markets: European Open.”

  関係者によれば、VIEを通じて米国や香港に現在上場している企業は調整が必要となりそうで、所有構造は外国の投資が認められていないセクターを中心に、当局による審査で透明性が高まる。規則案の詳細はまだ協議されており、変更される可能性もある。

中国、滴滴にNY証取の上場廃止計画まとめるよう指示-関係者

原題:China to Close Loophole Used by Tech Firms for Foreign IPOs (2)(抜粋)

(第3段落に証監会のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE