コンテンツにスキップする

劉鶴副首相、来年の中国経済に自信-中小と外資系企業の支援強化へ

  • 経済発展の成功には改革開放の堅持が必要と認識-劉副首相
  • 中国は国内市場を軸に外需で補完する「双循環」を加速

中国の劉鶴副首相は11月30日、来年の中国経済見通しに自信を示した。国内市場を成長の主なけん引役とし、外需でこれを補完するとする発展モデル「双循環」の推進に取り組む中で、中小ならびに外資系企業への支援を強化する方針を表明した。

  劉副首相はハンブルク・サミットでのビデオ演説で、「われわれは来年の中国経済に十分自信を持っている」と説明。2022年は中小や外資系企業の環境改善に向けた取り組みを強化する一方、マクロ政策の継続性と安定性、持続可能性を維持するとも述べた。

  また、中国は双循環戦略を加速させていると劉氏は指摘。来年はビジネス環境改善に向けた市場アクセス拡大や公平な競争の促進に軸足を置くとした。

Growth Slowdown Expected

But GDP still seen expanding more than 5% in 2022

Source: China's National Bureau of Statistics, Bloomberg surveys

  劉副首相は「この40年にわたる経験から、経済発展を成功させるには中国は改革開放を堅持する必要があるということをわれわれは認識している」と発言。これまでのところ成長率や雇用、物価、国際収支は総じて正常に推移しているとし、今年の国内総生産(GDP)成長率は政府目標を上回る見通しだと語った。

  景気下押し圧力が強まる中で、エコノミストは中国経済見通しを下方修正している。ブルームバーグのエコノミスト調査によると、今年のGDP成長率は8%と見込まれているが、中国政府が控えめに設定した「6%超」をなお上回っている。

中国全人代開幕、6%超の経済成長目指す-保守的な目標掲げる

原題:China’s Vice Premier Liu Fully Confident in 2022 Growth (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE