コンテンツにスキップする

プーチン氏、ウクライナ巡る「レッドライン」を西側に警告

  • 緊張緩和を求める米英などの声にプーチン氏は耳を傾けず
  • 深刻な結果を引き起こす-NATO会合を前に米国務長官

ロシアのプーチン大統領は西側諸国に対し、安全保障問題を巡る「レッドライン」を越えないよう警告した。米国と英国は、ロシアがウクライナに侵攻した場合、外交的および経済的な対応につがなると表明している。

  プーチン大統領は30日、VTBキャピタルがモスクワで開催したフォーラムにビデオ形式で参加。西側の軍事インフラがウクライナに拡大して「超音速兵器が配備されれば」、モスクワは最短5分で攻撃のリスクにさらされると指摘。「そうなると、われわれも自分たちを脅かすものと同様の何かを作らざるを得なくなり、すでにそれは可能だ」と述べた。

  ウクライナ情勢を巡っては、米国と米同盟各国から緊張緩和を求める声が強まっているが、プーチン氏は聞き入れるそぶりを見せていない。

ロシア軍がウクライナ侵攻検討か、米が欧州同盟国に警告-関係者 (1)

  ブリンケン米国務長官はこの日、北大西洋条約機構(NATO)の会合に先立ってラトビアで行った記者会見で、ロシアによるいかなる攻撃も「深刻な結果を引き起こす」と述べた。

  英政府もロシアに対し、脅威を回避するため英国として「利用できるすべての外交的・経済的手段を用いる」と独自の警告を発した。

Foreign Secretary Liz truss visits Estonia
エストニアのタパで英軍部隊を視察するトラス英外相(30日)
Source: No10 Downing Street

原題:

Putin Warns on Ukraine ‘Red Line’ as U.S., U.K. Pledge Response(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE