コンテンツにスキップする

モデルナCEO、オミクロンに既存ワクチン効果弱いと警告-報道

更新日時
  • 特化したワクチンのまとまった規模での製造には数カ月かかる恐れ
  • 50のうち32の変異がスパイクたんぱく質である点を科学者は懸念
Japan’s Virus Cases Hit a Record as Hospitals Are Overwhelmed
Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

米医薬品メーカー、モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、従来株に対するより既存ワクチンの効果がはるかに弱いとの見通しを示し、オミクロン株に特化したワクチンをまとまった規模で製造できるようになるには、数カ月を要するだろうと警告した。

  バンセルCEOは、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、オミクロン株は、感染に関わるスパイクたんぱく質の変異の数が多く、南アフリカ共和国で急速に感染が拡大しており、来年には既存のワクチンに修正を加える必要がある可能性を示唆すると語った。

  同CEOは「デルタ株に対してと(効果が)同じレベルの世界は存在しないと私は考える。(効果が)著しく低下すると私は思う。データを待つ必要があるため、どの程度かは分からない。だが私が話した科学者は全員が『良くなさそうだ』という反応だ」と説明した。

  バンセル氏によれば、オミクロン株の50の変異のうち32が、免疫機能を高めるため既存のワクチンが標的とするスパイクたんぱく質で起きている点を科学者は懸念しており、これほど高度な変異株はあと1、2年は現れないと大部分の専門家が考えていた。

  既存のワクチンの効果と、オミクロン株が重症化を引き起こすかどうかを示唆するデータは2週間以内に入手できるだろうと同氏は指摘した。

Moderna
ステファン・バンセルCEO
Source: MediaNews Group RM

  バンセル氏はまた、モデルナが2022年に合計20億-30億回分のワクチンを製造可能との見通しを示す一方、他の変異株の感染がまだ続いている状況では、同社の全生産能力をオミクロン株に特化させるのは危険だと述べた。

  特化したワクチンの大量生産が可能になるまでは、高齢者や免疫不全の人々に対し、より強力なブースター(追加免疫)接種を提供する可能性も同氏は示唆した。

原題:Moderna CEO Predicts Vaccines to Struggle With Omicron: FT、Moderna CEO Says World May Need New Vaccines to Fight Omicron(抜粋)

(CEOの発言と写真を追加して更新します)

    これはブルームバーグ・オートメーションを利用して作成した記事です。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE