コンテンツにスキップする

ドイツの11月インフレ率は6%に上昇、ECBは説明に苦慮か

ドイツの11月のインフレ率は予想以上に上昇した。現在の物価上昇は一時的だと主張する欧州中央銀行(ECB)は、事態の説明に苦慮しそうだ。

  29日発表された11月の消費者物価指数(CPI、速報値)上昇率は、欧州連合(EU)基準で前年同月比6%。国内基準では5.2%で、これは1992年以降で最高となった。同日にスペインで発表された11月のインフレ率も、食品価格の値上がりで5.6%と急騰した。

German inflation accelerated to 6% in November
 
 

  30日発表されるユーロ圏の11月インフレ率も上昇ペースが加速し、4.5%になると見込まれている。

原題:

German Inflation Surges to 6% as ECB Maintains Spike Will Pass(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE