コンテンツにスキップする

オミクロン、急拡大し「重大な結果」もたらす恐れ-WHO報告

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」について広範な検査を行うことを加盟各国に呼び掛けた。同変異株が感染急拡大につながり「重大な結果」をもたらす恐れがあると警告した。

  WHOは加盟国向けの テクニカルブリーフィング文書で、変異したウイルスにはワクチンや以前の罹患(りかん)による免疫が効かず、感染が容易になる可能性があると指摘した。

  「世界レベルでオミクロンがさらに広がる可能性は高い」とし、「変異株の特性次第では将来に感染が急拡大する可能性があり、その場合は重大な結果をもたらす恐れがある」と警告した。

  影響の度合いは感染急拡大が起こる場所など多数の要素に左右されるとした上で、オミクロン変異株に関連した世界的リスクは「非常に高いと判断される」との認識を示した。WHOによれば、28日夜までにオミクロン関連の死亡は確認されていない。

  WHOは加盟国に対し、直ちに以下のような行動を取るよう呼び掛けた。

  • 監視とシーケンシング取り組みの強化
  • 変異株検出のためのサーモフィッシャーサイエンティフィック社製PCR検査の広範な使用
  • 高リスクグループを中心としたワクチン接種の加速
  • 国際渡航を巡る措置の迅速な調整
  • マスク、物理的距離、密集回避による感染リスク軽減
  • 公衆衛生対策を通知および調整するための早期警告システムの導入
  • 感染急増の場合に不可欠な医療サービスを維持するための準備

 

原題:

Omicron Could Fuel Surges With ‘Severe Consequences,’ WHO Says(抜粋)

 

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE