コンテンツにスキップする

ディズニー+、香港で「シンプソンズ」の天安門事件巡る放送回外す

  • 米ストリーミング大手が香港で番組検閲・周知となったのは初-識者
  • 香港は先月、 映画検閲を強化するため条例を変更した

香港で16日に始まった米ウォルト・ディズニーのストリーミングサービスで、人気アニメ「ザ・シンプソンズ」シリーズから1989年の天安門事件に触れたエピソードが外されている。

  「ディズニー+(プラス)」が香港で配信しているシンプソンズのシリーズ16のうち、エピソード11と13は視聴可能だが、12は見ることができない。今年になって香港より先にディズニー+が導入されたシンガポールでは週末、12も視聴可能だった。

  エピソード12は2005年に最初に放送された。シンプソン一家が北京の天安門広場を訪れると、戦車が並んでおり、「1989年にここでは何も起きなかった」と記された表示があるという場面が描かれている。

  香港バプテスト大学で映画検閲を専門に研究しているケニー・ヌン准教授は「米国のストリーミング大手が香港でコンテンツを検閲し、周知となったのは今回が初めてだ」と指摘。「基本的にストリーミング各社は全体のストーリーを中国の視聴者向けに加工し、中国政府を怒らせないようにしている。中国で稼ごうとする企業が増えており、今後もこうしたことが続く公算が大きいと」と述べた。

  香港政府とディズニーはコメントの要請に応じなかった。

  香港は先月、 映画検閲を強化するため条例を変更。中国が導入した香港国家安全維持法(国安法)の趣旨に反するコンテンツを禁止し、無認可のコンテンツを上映した場合、最長3年の禁錮刑を受けると定めた。ストリーミングサービスを手掛ける米国のネットフリックスヴィメオアマゾン・ドット・コムアップルは条例変更時にコメントを控えていた。

原題:Disney+ Omits ‘The Simpsons’ Tiananmen Episode in Hong Kong”(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE