コンテンツにスキップする

米金融当局はインフレが一過性のものでないと認めよ-エラリアン氏

  • 来年になってブレーキを踏むより今からアクセルを緩めるべきだ
  • FRB議長にブレイナード氏の方が望ましいとの考え示していた

アリアンツの首席経済顧問モハメド・エラリアン氏は「インフレ高進は一過性のものでなく、米金融当局がそれを認めるのが非常に重要だ」と述べるとともに、当局に対し「今からアクセルを緩める」よう呼び掛けた。

  米連邦準備制度理事会(FRB)議長として現職のパウエル氏再任よりもブレイナード理事指名に支持を表明していたエラリアン氏は28日放映のFOXニュース・サンデーで、新たな人物が連邦準備制度を率いる方がコース変更が容易だったのではないかと指摘した。

関連記事

  エラリアン氏は「米金融当局は政策変更の時を迎えていると考える。インフレ高進は一過性のものだと繰り返し語っていた人物でなければ、それはもっと容易だったのではないかと思う」と話した。

Key Speakers At Context Summits Leadership Day
モハメド・エラリアン氏
 

  また、エラリアン氏は米インフレ動向について、「金融当局がブレーキを踏まざるを得なくなることで鈍化するという事態を懸念している」と指摘。「来年になってブレーキを強く踏み込むよりも、今からアクセルを緩める方がずっと簡単だ」との考えを示した。

原題:

El-Erian Says Fed Should Recognize Inflation Isn’t Transitory(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE