コンテンツにスキップする

英政府、「オミクロン株」感染2件を確認-マスク着用ルール強化

  • 英国への渡航者へのPCR検査や隔離を義務付け
  • ドイツやイタリア、チェコなどでも感染確認とメディア報道
Boris Johnson, U.K. prime minister, speaks during a press conference,

Boris Johnson, U.K. prime minister, speaks during a press conference,

Photographer: Sarah Silbiger/Bloomberg

英政府は27日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に2人の感染が国内で確認されたと発表した。アフリカ南部への渡航と関連しているという。これを受け、ジョンソン英首相は一連の対策を発表した。

  複数のメディアの報道によると、南アフリカで最初に見つかったオミクロン株は、ドイツとイタリア、チェコでも感染が報告された。ベルギーも海外からの帰国者1人の感染を確認した。

  こうした事例のほぼすべては、今週遅くに渡航制限が講じられる前に欧州に到着した人々だったが、イスラエルの保健当局は国内に滞在していた個人で3件の感染があったことを明らかにした。

  ジョンソン首相は27日の記者会見で、英国でのオミクロン株対策として、マスク着用ルールの強化や英国への渡航者へのPCR検査と到着時の隔離の義務付けなどを発表。「解明を進める間の予防策として、的を絞った相応の措置が必要」であり、われわれが何と向き合っているのか科学者が正確に理解するために時間を稼がねばならないと述べた。

 

原題:

U.K. Imposes Rules After Omicron; New Cases Emerge in Europe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE