コンテンツにスキップする

中国恒大に対する監視強まる、地方都市が不動産用いた債務返済を禁止

中国の不動産開発大手、中国恒大集団に対し、海南省儋州市が債務返済の一部として不動産を貸し手に提供することはできないと伝えた。中国メディアの財新が報じた。負債圧縮を探る同社に対する圧力が一段と強まっている。

  財新によると、儋州市は中国恒大が手配している不動産を用いた債務返済に関し、監督を強化。こうした取引のリスクを懸念しているという。

  儋州市の住宅当局は今週、同市の海花島プロジェクトと無関係の負債を返済するため、同プロジェクトの資産を使うことを禁じると中国恒大に告げたと財新は報道。市側は海花島プロジェクトの流動性を守る方針だとしている。

Boom to Bust

China property crisis spurs default risks for biggest sellers of ethical debt

Source: Bloomberg

Note: 2021 data are year-to-date as of Nov. 23

原題:Property-for-Debt Deals; Economy Slows: Evergrande Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE