コンテンツにスキップする

台湾フォックスコンの物流部門、プレIPOラウンドを検討-関係者

  • 准時達はIPOに先立ち個人投資家から3億-4億ドル調達目指す
  • 来年後半に香港に上場する計画の評価も開始したと関係者

台湾のフォックスコンの物流部門、准時達は早ければ来年に実施する計画の新規株式公開(IPO)に先立ち、個人投資家からの資金調達を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  この件が非公開だとして関係者が匿名で明らかにしたところでは、准時達はいわゆるプレIPOラウンドで3億-4億ドル(約340億-460億円)の調達を目指している。評価額最大40億ドルの同社は物流サービスのブームの中、調達資金を事業拡大に充てる計画。

  これら関係者によると、同社はまた、来年後半に香港に上場する計画の評価も始めている。資金調達の検討は予備的なものであり、最終決定はまだ行われておらず、調達規模などの詳細は変わり得るという。

  フォックスコンの広報担当者ジミー・フアン氏は准時達について、現時点でIPOの計画はないとし、資金調達に関してはコメントを控えた。

原題:

Foxconn’s $4 Billion Unit Jusda Said to Seek Pre-IPO Funding (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE