コンテンツにスキップする

英国、南アからのフライト一時禁止へ-新たなコロナ変異株で

更新日時
  • レッドリストに6カ国掲載へ-入国者に宿泊施設で隔離措置義務付け
  • 新たな変異株拡散を抑制する予防的措置とジャビド保健相

英政府は南アフリカ共和国など一部のアフリカ諸国からの航空便を一時禁止する。この地域で最近確認された、新型コロナウイルスの新たな変異株を巡る懸念が背景。

  ジャビド保健相は南アなどからの渡航制限は26日正午に実施されるとし、新たな変異株拡散を抑制する予防的措置だと説明した。英国のレッドリストに28日時点で6カ国が掲載され、入国者は到着時に宿泊施設での隔離措置が求められる。

南アで新たな変異株を確認、世界に波及し得る「深刻な懸念」要因

英政府は南アフリカ共和国など一部のアフリカ諸国からの航空便を一時禁止
 

  新たな制限の対象国は南アに加え、ナミビア、レソト、エスワティニ、ジンバブエ、ボツワナ。

  イスラエルもこの6カ国とモザンビークからの渡航を禁止した。オランダの通信社BNOニュースが情報源を明示せずにツイートで伝えた。

  ジャビド保健相は声明で、「世界各地の変異株を注意深く監視する中で、われわれは新たな懸念となり得る変異株の広がりを認識するに至った」とし、今回の変異株について現在調査が行われていると説明した。

  南ア経由のフライトでの入国者は1日当たり500-700人だが、通常なら今後4-6週間は季節的要因で増加が予想される。

   南アのパンドール国際関係・協力相は26日、「世界保健機関(WHO)が次の措置に関する助言をまだ出していない段階での英国の決定は性急に見える」とする声明を発表した。

原題:U.K. Stops South Africa Flights Over Covid Variant Worries (3)South Africa Says U.K. Flight Ban Over Virus Variant Was Rushed(抜粋)

(最終段落に南ア政府のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE