コンテンツにスキップする

世界の株式相場と米株価指数先物が堅調、感謝祭の祝日で売買高は減少

  • 感染状況悪化でも欧州株上昇、ストックス600は1日以来の上昇率
  • ドルは1年4カ月ぶりの高値圏で横ばい、5週連続の上昇へ

世界の株式相場と米株価指数先物は25日に上昇。米経済の堅調な回復の兆しを受け、インフレや米金融当局による資産購入テーパリング(段階的縮小)の加速観測を巡る懸念が打ち消された。

  米国が感謝祭の祝日で休場のため、世界的に売買高は減少した。アジア株の指標の出来高は30日平均を17%下回り、欧州では26%、中南米は30%縮小した。

  S&P500種株価指数とナスダック100指数の先物はそれぞれ0.1%上昇。一時0.4%上昇した後に伸び悩んだ。MSCI世界指数は0.1%高。

  ドルは1年4カ月ぶりの高値圏で横ばい。このペースが続けば5週連続の上昇となる。

  ロンドン市場ではニッケルと銅が需要の先行き不透明感の中で売られた。

  欧州大陸での新型コロナウイルス感染状況の悪化でも欧州株は堅調を維持し、ストックス欧州600指数は11月1日以来の上昇率となった。公共株や不動産株が上昇をけん引した。

Pattern on 10-year TIPS yield signals it may be set to rise
 
 

原題:

Stocks, U.S. Futures Hold Gains Amid Low Volumes: Markets Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE