コンテンツにスキップする

ユーロ圏、翌日物の借入金利が3カ月物上回る-余剰流動性で

極度の余剰流動性が欧州の短期金融市場をゆがめている。ユーロ圏内の銀行は翌日物の借り入れに対して、3カ月物よりも高い金利を支払う。

  欧州中央銀行(ECB)による記録的な資金供給を受け、銀行は資金の保管先を確保するのが難しい状況だ。その資金が向かい品不足に陥ったドイツ短期債は、年末のバランスシート調整で需給が一層ひっ迫している。

It is cheaper to borrow euros for three months than overnight for the first time
 
 

  24日にはECBのユーロ短期金利(ETSR)がマイナス0.570%となり、3カ月物欧州銀行間取引金利(EURIBOR)のマイナス0.583%を初めて上回った。

  ECBの債券購入プログラムや低利の資金供給によって、ユーロ圏の余剰流動性は今月に入って4兆5000億ユーロ(約580兆円)に達した。

 

 

原題:Banks in Europe Pay More to Borrow Overnight Than Three Months(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE