コンテンツにスキップする

スウェーデン初の女性首相、就任から半日足らずで辞任-連立崩壊で

  • 緑の党が連立政権を離脱-議会での予算案否決後
  • 社会民主労働党率いるアンデション氏は少数与党を目指す

スウェーデンのアンデション首相は24日、同国初の女性首相として議会に選出されてから半日足らずで辞任した。

  議会で予算案が否決された後、緑の党が連立政権を離脱したことを受け、社会民主労働党を率いるアンデション氏(54)はあらためて議会に諮るため首相職を辞し、同党単独で少数与党を目指す考えを示した。

  緑の党はアンデション氏の首相再任を妨げることはないとしている。

Swedish Finance Minister Magdalena Andersson Presents New Economic Forecasts
アンデション氏
 

Fractured Legislative

No bloc holds a majority of seats in Sweden’s parliament

Source: Swedish Parliament

原題:Sweden’s New Leader Quits Hours After Historic Appointment (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE