コンテンツにスキップする

豪中銀が近くNZ中銀に追随するとの市場の予想、先走り過ぎの可能性

  • 市場は来年5月にも豪中銀が利上げに踏み切るとの予想織り込む
  • 豪中銀は利上げ前に実際の数値が持続的なトレンドを示すことを望む

オーストラリア準備銀行(中央銀行)がニュージーランド(NZ)と韓国の中銀に続き、数カ月のうちに利上げに踏み切ると債券投資家は予想しているが、依然として考えが先走り過ぎている可能性がある。

  NZ準備銀行(中銀)は24日に政策金利引き上げを決定し、利上げペースの加速も示唆した。韓国銀行(中銀)も25日に利上げを発表。市場は現在、豪中銀が来年5月にも政策金利を引き上げるとの予想を織り込んでいる。これはロウ総裁のガイダンスの2024年よりもずっと早い。

  しかし、こうした利上げ時期予想の実現の可能性が低いことを示す決定的な違いがある。NZ中銀と韓国中銀は、インフレ定着前に引き締めを実施する従来の中銀の手法に基づいて行動しているが、豪中銀は何年にもわたり物価の伸びが目標を下回ったことを受けて戦略を変更しており、利上げ前に実際の数値が持続的なトレンドを示すことを望んでいる。

Yields on Australian 3Y bond futures have come off peaks
 
 

  ロウ総裁は今月2日の会合後の記者会見で「われわれが設定したテストは、インフレが持続的に2-3%の目標レンジ内で推移することだ」との見解をあらためて示した。「インフレが持続的に2.5%に戻るのを目にしたい」と述べた。

  豪中銀が注目している消費者物価指数(CPI)トリム平均は7ー9月(第3四半期)に前年同期比2.1%上昇と、目標レンジの中間点を下回った。

原題:

Traders Betting RBA Will Soon Follow RBNZ May Have to Wait (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE