コンテンツにスキップする

ドイツの新型コロナ死者数が10万人突破、新規感染者数は最多更新

更新日時
  • 7日間の発症率も10万人当たり420件と過去最高
  • 16州と協調するため首相府に危機対策部門設置へ-ショルツ次期首相
Hospitals Cope With Fourth Coronavirus Wave
Photographer: Jens Schlueter/Getty Images Europe

ドイツで新型コロナウイルス感染症の死者数が10万人を突破した。新たな波が感染件数を引き続き押し上げており、一部のホットスポットの病院は重圧にさらされている。

  ロベルト・コッホ研究所(RKI)の最新データによると、パンデミック(世界的大流行)が昨年始まって以来、ドイツで計10万119人がコロナ感染症で死亡した。これは同国の中規模都市の人口に匹敵する。

  25日午前までの24時間でさらに351人の死亡が報告された。1日当たりの新規感染者数は7万5961人と過去最多を更新。7日間の発症率も10万人当たり420件と過去最高となった。

  ドイツでは新しい連立政権が12月に誕生するが、発足後しばらくはパンデミックとの闘いが政策課題の大きな部分を占めることになる。

ドイツ猛烈な感染拡大の裏側、ショルツ氏がメルケル氏の警告無視

German Crisis

Seven-day coronavirus figures per 100,000 people

Source: Johns Hopkins

  ショルツ次期首相は24日、16州とコロナ対策で協調するため連邦首相府に危機対策部門を設置する方針を表明。また、高齢者など特に脆弱(ぜいじゃく)なグループと接する人々にワクチン接種を義務付けることを検討するとした。

  ショルツ氏はARDテレビとの24日遅くのインタビューで、「専門的なやり方でこの状況に対応するため戦略を体系化することが重要だ」と指摘。「そのため、これが連邦首相府で行われることが重要になる。必要な措置について各州と協議する」と語った。

  英国やフランス、イタリアでは死者数がかなり前に10万人を超えている。

  ドイツでは人口の約68%が完全な接種を終えており、1日当たりの死者数は昨冬の約5分の1程度となっている。それでも一部の地域では病院がますます厳しい状況に置かれており、最近の政府の措置による効果はまだ表れていない。

原題:German Covid Deaths Pass 100,000 With Cases Still Spiking (1)

(ショルツ次期首相の発言などを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE