コンテンツにスキップする
Photographer: Qilai Shen/Bloomberg
cojp

隔離7週間、中国「ゼロコロナ」政策が海運に逆風-供給網危機長引く

  • 中国の制限は波及的影響もたらしている-国際海運会議所の事務局長
  • 最近では帰国する中国人船員に対して最大7週間の隔離を義務付け

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国は新型コロナウイルスを完全に抑え込む「ゼロコロナ」政策をさらに徹底するようになっており、海運業の全面回復の妨げになっている。このため、世界的な港湾の混乱や品切れを招いている危機が長引いている。

  中国はコロナを排除するため、外国乗組員変更の禁止を続けているほか、最近では帰国する中国人船員に対して最大7週間の隔離を義務付けている。他の場所で船員を入れ替えた船舶も中国に入港するまで2週間待たなければならない。

  船主や船舶管理者は順守するため、航路の変更を余儀なくされており、出荷や船員の変更に遅れが生じている。結果としてサプライチェーン危機に拍車が掛かる構図だ。

Port Congestion

China has a higher concentration of congested ports globally

Sources: Bloomberg, IHS Markit, Genscape

Notes: Congestion rate = number of anchored container ships waiting / sum of anchored container ships and container ships in port. Data as of Nov. 19, 2021.

  国際海運会議所(ICS)のガイ・プラッテン事務局長は「中国による制限は波及的影響をもたらしている」と指摘。「船舶業務への制限はどれもサプライチェーンに累積的な影響を与え、実質的な混乱が生じる」と述べた。

  中国人船員を手配するエージェント大手、森海海事服務でマネジングディレクターを務める趙瑋氏によると、中国の港湾で講じられている直近の制限は中国の船員が対象となっている。中国に帰国する前に3週間、それからさらに到着した港で2週間、家族との再会前にそれぞれの省でさらに2週間の隔離が義務付けられているという。

原題:China’s Seven-Week Port Quarantine Is Blocking Shipping Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE