コンテンツにスキップする

アリババADR、平均目標価格が18週連続低下の方向-過去最長に

  • ウォール街の一部企業は規制や競争上の懸念でADR見通し引き下げ
  • 長期的には明るい見通し維持が大半-61人中が56人が「買い」判断

中国の電子商取引運営大手、アリババグループの米国預託証券(ADR)の平均目標価格が過去最長となる18週連続で低下する方向だ。ウォール街の一部企業が規制や競争上の懸念からADR見通しを下方修正した。

  今週には少なくとも4人のアナリストがアリババのADR予想を引き下げた。サスケハナ・インターナショナル・グループのアナリスト、シャム・パティル氏は規制や中国の景気減速など「短期的な逆風」を理由にADR見通しを200ドルと、これまでの310ドルから大幅に下方修正した。

Dropping Like a Rock

Analysts have cut their price targets on Alibaba for a record 18 straight weeks

Source: Bloomberg

  ニーダムとドイツ銀行のアナリストも今週、同様の見方で目標価格を引き下げ、ドイツ銀は新しいイニシアチブへの投資が短期的に利益率の重しになることに言及した。アーガス・リサーチは投資判断を「ホールド」と、従来の「買い」から引き下げた。アリババADRの12カ月目標価格(平均)は現在208ドル。1週間前は239ドルだった。

Analysts have slashed their price targets over the last year as Alibaba slumps
 
 

  ただ、アリババについて長期的には明るい見通し維持が大半だ。ブルームバーグの調査では、アリババをカバーするアナリスト61人のうち56人が投資判断を「買い」としており、「売り」は1人にとどまる。

  アリババADRの24日終値は2.1%高の136.52ドル。

原題:Alibaba Price Targets Slashed for Record 18th Straight Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE