コンテンツにスキップする

米GDP、7-9月改定値は2.1%増-速報値から小幅上方修正

更新日時

米国の7-9月(第3四半期)経済成長は小幅に上方修正された。従来の見積もりに比べ、個人消費がやや強かったことを反映した。

キーポイント
  • 7-9月の実質国内総生産(GDP)改定値は前期比年率2.1%増
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は2.2%増
    • 速報値は2%増
    • 4-6月(第2四半期)は6.7%贈

 

  商務省が24日発表したところによると、GDPの過半を占める個人消費が1.7%増。在庫のGDP寄与度は2.1ポイント余りとなった。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Economic Growth Revised Up to 2.1% in Third Quarter(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE