コンテンツにスキップする

韓国の新規コロナ感染者と重症者数が最多更新-予想以上に深刻と首相

  • 非常計画発動をいつ検討してもおかしくない状況-聯合が金首相引用
  • 韓国では人口の約8割が2回目ワクチン接種を済ませている

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

韓国の金富謙首相は24日、新型コロナウイルスの感染状況は予想以上に深刻になっていると指摘し、ソウル首都圏だけを見ても非常計画の発動をいつ検討してもおかしくない状況だとの認識を示した。聯合ニュースがこの日の会議での首相の発言を伝えた。

  疾病管理庁のウェブサイトに掲載されたデータによると、24日午前0時までの24時間で新たに4116人の新規感染が報告され、1日当たりの最多を更新した。このうち4088人が国内。重症者も過去最多の586人に増えた。死者は35人増の計3363人。

  人口の約82.4%が少なくとも1回のワクチン接種を済ませ、79.1%が2回目も終えている。

  韓国はソウル首都圏で人々の集まりの上限規制を2人から10人に引き上げるなど、11月1日に社会的距離規制を緩和していた。

原題:S. Korea Reports Record Daily Covid Cases, Critical Patients(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE