コンテンツにスキップする

女子テニス彭帥さんの消息巡る「悪意ある喧伝」やめよ-中国外務省

  • 一部の人々による意図的で悪意のある喧伝の停止を望む-趙報道官
  • 中国の国営メディア、笑顔の彭さんを映した画像など相次いで投稿

中国外務省の趙立堅報道官は23日、女子プロテニス選手の彭帥さんが張高麗元副首相から不倫関係を迫られていたと告白した後に姿を消し、国際的な非難を招いている問題で、「悪意ある喧伝(けんでん)」だとしてこれをやめるよう望むと述べた。

  趙報道官は北京で開いた定例記者会見で、「今回の件の政治問題化は言うまでもなく、一部の人々による意図的で悪意のある喧伝の停止を望む」と発言。今回の事案は「外交問題」ではないと重ねて主張した。

  彭さんは今月初め、短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」のアカウントに張元副首相との関係について1500字に及ぶ文章を投稿後、消息不明となった。この投稿はインターネットから削除され、メディアや女子テニス協会(WTA)が彭さんと連絡を取ろうとしても、うまくいかなかった。

2019 China Open - Day 1
女子プロテニス選手の彭帥さん
Source: Getty Images AsiaPac

  彭さんに関する質疑応答の部分がこれまでの外務省の定例会見記録になぜ記載されていないのかと問われた趙報道官は、「定例会見に関する声明は必ずしも質疑応答を一語ずつ書き起こしたりするわけではない。それなら質問するが、私が発言したことをあなたは一字一句報道するのか」と反論した。

  中国の国営メディアは先週末、彭さんの映像や画像を相次いでツイッターに投稿。一連の画像では自宅で笑顔の彭さんなどが映っている。

  共産党系・環球時報の胡錫進編集長は、「圧力下にある女性がこのような陽気な笑顔をつくれるのか」とツイート。自身のウェイボ・アカウントは彭さんに言及せず、環球時報では彭さんが再び姿を現したとの報道もない。

原題:China Demands an End to ‘Malicious Hype’ of Peng Shuai Case (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE