コンテンツにスキップする

ミーム銘柄急落、6月以来の大幅な下げに-リスクオフの動き強まる

ゲームストップベッド・バス・アンド・ビヨンドを含む「ミーム銘柄」が23日の米株式市場で急落した。投資家のリスクオフの動きが強まり、バリュー株が買われた。

  ブルームバーグが調査する37のミーム銘柄で構成される指数は23日に5.5%安と、6月中旬以来の大幅な下げとなった。金利上昇が見込まれる中、テクノロジー銘柄中心のナスダック100指数も0.5%下落。投資家は収益性が低い銘柄を避ける傾向にある。

Meme stocks are slumping as investors dump risky assets
 
 

  主なミーム銘柄の23日の下落率はビンコ・ベンチャーズが20%、オーロラ・イノベーションが19%、プロジェニティが10%、ゲームストップが14%、オープンドア・テクノロジーズが8.9%、AMCエンターテインメント・ホールディングスが5%、ベッド・バス・アンド・ビヨンドが7.3%。

原題:Meme Stocks Suffer Worst Day Since June as Risk-Off Rages (1)(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE