コンテンツにスキップする

バイデン米大統領、供給網停滞は緩和へ-備蓄放出で原油価格押し下げ

  • 食料品店には「七面鳥など感謝祭に必要なもの十分にそろっている」
  • 石油備蓄放出でガソリン価格高騰の状況は改善されていく

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

バイデン米大統領は23日、政権が港湾運営の改善に動いたことで米国のサプライチェーン(供給網)のボトルネックが緩和されつつあるとの認識を示し、今週から始まるホリデーシーズンでの食料品やギフト商品の購入に問題は生じないと約束した。

  バイデン大統領はホワイトハウスで、「数週間前には、感謝祭(25日)のための十分な食糧がないだろうとの懸念があり、当然のことながら多くの人々がそう話していた」と指摘。「しかし今は、食料品店には七面鳥など感謝祭に必要なあらゆるものが豊富にそろっており、家族は安心できる」と語った。

President Biden Delivers Remarks On Economy
バイデン大統領(11月23日)
Photographer: Oliver Contreras/Bloomberg

  大統領は米国の港湾を出入りする船やコンテナの移動をスピードアップする政権の努力を評価。さらに、店頭在庫が十分に補充されると消費者や株主を安心させる大手小売企業からの公式声明にも言及し、「われわれはこうした問題に対して行動を起こすと話してきた。これこそまさにわれわれが行っていることだ」と述べた。

U.S. frozen whole turkey inventories drop to a record low
 
 

  バイデン大統領は経済に関する発言に先立ち、ガソリン価格上昇への対応策として戦略石油備蓄(SPR)からの5000万バレルの放出を命じた。大統領はSPRからの「過去最大の放出」だと述べ、新型コロナウイルスの「パンデミック(世界的大流行)から立ち直る上で必要な原油供給の提供を助けることになる」と説明。この行動によって「ガソリン価格の高騰問題が一夜にして解決されることはないだろうが、状況は改善されていく」との見通しを示した。

  さらに、ガソリンの卸売価格が低下しているものの、ガソリンスタンドでの価格は下がっていないと指摘し、値下がり分を販売店が小売価格に反映させないのは受け入れられないと発言。ガソリン価格押し下げに必要な行動を取ると話した。

関連記事

原題:Biden Sees Supply Logjams Easing, Oil Release Damping Prices (1) 

Biden Says Gasoline Suppliers Not Passing Savings to Consumers

(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE