コンテンツにスキップする

【新型コロナ】ドイツの新規感染が最多更新、死者数は計10万人に接近

更新日時
  • 欧州コロナ死者、来年3月までに累計220万人に達する恐れ-WHO
  • 韓国は非常計画発動をいつ検討してもおかしくない状況-金富謙首相

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

欧州の新型コロナウイルス感染症による死者数は、現在の傾向に基づくと来年3月までに累計220万人に達する恐れがあると、世界保健機関(WHO)が警告した。欧州連合(EU)の当局者は、コロナワクチン効果の持続期間やブースター(追加免疫)接種の管理について共通のスタンスをまとめようとしている。

  ドイツではコロナの新規感染者数が6万6884人と過去最多となった。ロベルト・コッホ研究所(RKI)のデータが示した。全国の7日間の発症率は10万人当たり404.5件に上昇。死者数は計9万9768人と10万人に接近している。

ドイツのコロナ新規感染者、過去最多の6万6884人に増加

  韓国では24日午前0時までの24時間で新たに4116人の新規感染が報告され、1日当たりの最多を更新した。重症者も過去最多の586人に増えた。死者は35人増の計3363人。疾病管理庁のウェブサイトに掲載されたデータが示した。

  金富謙首相は24日、コロナ感染状況は予想以上に深刻になっていると指摘し、ソウル首都圏だけを見ても非常計画の発動をいつ検討してもおかしくない状況だとの認識を示した。聯合ニュースが首相の発言を伝えた。同国では人口の約82.4%が少なくとも1回のワクチン接種を済ませ、79.1%が2回目も終えている。

韓国の新規コロナ感染者と重症者数が最多更新-予想以上に深刻と首相

  米ジョンズ・ホプキンズ大学とブルームバーグの集計データによると、世界の新型コロナ感染者数は2億5879万人、死者は516万人をそれぞれ上回った。ブルームバーグのワクチントラッカーによれば、世界のワクチン接種は計77億6000万回を超えた。

新型コロナ時代の勝者と敗者、安全な国ランキングで1年間を振り返る

relates to 【新型コロナ】ドイツの新規感染が最多更新、死者数は計10万人に接近
 
 

  米国ではミシガン州がコロナの新たなホットスポットとなっており、感染率の7日平均は10万人当たり600人と全米平均の3倍を超えている。コロラド州デンバーでは企業や屋内公共スペースでのマスク着用が再び義務化される。

  米疾病対策センター(CDC)はドイツとデンマークへの渡航リスク評価レベルを4段階の一番上に引き上げた。

  欧州で新型コロナ感染が再び拡大する中、フランスのカステックス首相が新型コロナ検査で陽性となった。首相府は声明で、首相が10日間の自己隔離に入ると明らかにした。

  ドイツのシュパーン保健相は国内の新規感染者急増を受け、同国はロックダウン(都市封鎖)も含めいかなる措置を講じる可能性も排除しないと述べた。

原題:Ranking Winners and Losers; German Cases at Record: Virus Update

Europe May Exceed 2 Million Covid Deaths by March, WHO Forecasts

Europe Seeks Common Stance on How Long Covid Vaccinations Last(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE