コンテンツにスキップする

中国テクノロジー株、香港で下落-米国債利回り上昇と当局締め付けで

  • ハンセンテック指数は一時2%安、その後はやや下げを縮小
  • アリババの下げ目立つ、終値ベースで上場来安値更新か

23日の香港株式市場で中国のテクノロジー株が下落。米国債利回り上昇や中国政府のハイテクセクター締め付けが続いている兆候が重しとなった。

  中国のテクノロジー銘柄で構成されるハンセンテック指数は一時2%安を付けた後、やや下げを縮小した。アリババグループ金蝶国際軟件集団などの下げが目立っている。アリババはこのままいけば終値ベースで上場来最安値となる。

  前日の米市場では米国債利回りとドルが上昇。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長再任の人事を受け、金融刺激策を巻き戻すペースが加速するとの観測が広がった。また、中国共産党の機関紙である人民日報が22日の論評で、納税の観点からオンラインプラットフォームへの規制を強化すべきだと当局に呼び掛けたことも材料視された。

Hong Kong tech stocks tumble amid regulation, yield concerns
 
 

原題:China Tech Shares Slide on Rising Bond Yields, Regulatory Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE